オーボエリードの扱い方その1 | オーボエリードの製作販売 | Man Double Reed Shop

オーボエリードは葦の木を薄く加工し、チューブにはコルク(一部コルクではないものもあります)を使用しておりますので、非常に繊細でデリケートです。取り扱いには細心の注意を払って、常にベストな状態で演奏できるように、下記の取り扱い方法を参考にご使用ください。

<オーボエリードの扱い方> その1〜演奏前の準備

リードを水につける

乾燥している状態で、そのまま息を入れても音がでません。小さな容器に(フィルムケースなど)に水を15mm位入れ、先端を壊さないように気をつけて3~5分位つけましょう。
入れ物の底に突起があったり、カーブがあるとリードの先端を引っ掛けて破損してしまう恐れがあるので、底が平らで直径の大きくない入れ物にしてください。

リードの開きの調整

新しいリードは水につけると先端の開きが大きくそのままでは演奏できないので、親指と人さし指の腹で削ってある部分(スクレープ)を上下からやさしく揉むように押して、開きが0.7~1mmになるようにしてください。
特に新しいリードは水につけると先端の開きが大きく、そのままでは演奏しにくいので注意してください。

ダブルリードは針金の結び目のある側などによって、張りの強さが変わってきます。 リードの上下を決めて吹きましょう。


演奏中に開きが小さくなった時は、シールテープの下に巻いてある針金の部分を横から押して開きを出します。 
*先端を見ながら慎重に。絶対に削ってある部分を横から押さない事!

リードを楽器に差し込む

リードのチューブのコルクの部分をしっかり持って、真直ぐに楽器に入れてください。
糸の部分やテープの部分、木がむき出しになっている部分を持つと、リードが全体的にゆがんだり、上下がずれたり、リードが欠ける原因になります。

コルクの部分がきつくて、楽器のソケットにスムーズに入らない時は無理に入れようとせずに、下記の「リードのコルク部分の調整」を参考にしてください。
強引に入れようと無理な力をかけると、リードや楽器の損傷の原因になります。

リードの取り扱い方2と3は下記から↓

↓MDRリードと同じ製作者である市原満が手がけるMANリードの取り扱い方法動画もご参考ください↓

おすすめ商品